便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。
ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。
まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。
これは重要な事実です。
いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば決してあきらめる必要はありません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。
それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。
障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどといったトラブルの事例もあるようです。
これは担当歯科医の技量の低さの影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものの問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど外見が損なわれる可能性もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に生活するよう気をつけてください。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。
あわせて読むとおすすめ⇒ホワイトニング 歯磨き粉 効果